ようこそ!
新刊
文庫
新書・選書
文芸
教養
人文
教育
芸術
児童
趣味
生活
地図・ガイド
就職・資格
語学
小学学参
中学学参
高校学参
辞典
コミック
ゲーム攻略本
エンターテイメント
日記手帳
社会
法律
経済
経営
ビジネス
理学
工学
コンピュータ
医学
看護学
薬学
出版社名:集英社
出版年月:2019年7月
ISBN:978-4-08-744003-4
199P 16cm
キャプテン翼勝利学/集英社文庫 ふ35-1
深川峻太郎/著
組合員価格 税込 554
(通常価格 税込 583円)
割引率 5%
在庫あり
生協宅配にてお届け
※ご注文が集中した場合、出荷できない場合がございます。
内容紹介・もくじなど
世界のプロ選手に愛されてきた『キャプテン翼』。その名場面を通し日本サッカー必勝への鍵と、より楽しめる観戦ポイントを徹底解説!翼に見るキャプテンシーの重要性、岬対沢田の戦いで味わう一対一の勝負の醍醐味、若林と若島津で知るゴールキーパーのタイプの違い、日向に学ぶ決定力の正体、石崎の存在意義―名勝負、名プレーに込められた意味を知ればこれからのサッカーの見方が変わる!
もくじ情報:プロローグ 「ツバサの国」へようこそ;第1章 原点は一対一―男の意地とプライドを見る;第2章 シュート讃歌―「キラーパス」より「ドライブシュート」を;第3章 「数的有利」の罠―選択肢の数と人間心理;第4章 陶酔のゴール・パフ…(続く
世界のプロ選手に愛されてきた『キャプテン翼』。その名場面を通し日本サッカー必勝への鍵と、より楽しめる観戦ポイントを徹底解説!翼に見るキャプテンシーの重要性、岬対沢田の戦いで味わう一対一の勝負の醍醐味、若林と若島津で知るゴールキーパーのタイプの違い、日向に学ぶ決定力の正体、石崎の存在意義―名勝負、名プレーに込められた意味を知ればこれからのサッカーの見方が変わる!
もくじ情報:プロローグ 「ツバサの国」へようこそ;第1章 原点は一対一―男の意地とプライドを見る;第2章 シュート讃歌―「キラーパス」より「ドライブシュート」を;第3章 「数的有利」の罠―選択肢の数と人間心理;第4章 陶酔のゴール・パフォーマンス―ナイジェリアに期待する;第5章 フリーキック大作戦―もっと意表を衝いてくれ!;第6章 PK、失敗の本質―キッカーと観客をめぐる心理学;第7章 スローイン―「自由なスポーツ」の「不自由なプレイ」;第8章 オウンゴールという自滅―コメディとしてのサッカー;第9章 「フェアプレイ、プリーズ!」―怪我と情けと天使と悪魔;胸騒ぎのロスタイム―ドーハのトラウマを癒すために;ゴールキーパーの野心―君は若林派か?若島津派か?;センターバックの咆吼―次藤に流れる格闘家の血;ミッドフィールダーは「忍者」だ―葵が埋める組織の穴;日向小次郎待望論―「決定力」の正体;根性とムードメーカー―石崎の存在意義を考える;キャプテン―最強のキャプテンシーを我らに;エピローグ 「鹿鳴館的サッカー観」を越えて
著者プロフィール
深川 峻太郎(フカガワ シュンタロウ)
1964年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、90年よりフリーランスの編集・ライター業。2002年に本書でデビューした後、『月刊サッカーズ』(フロムワン)、『わしズム』(幻冬舎・小学館)、『SAPIO』(小学館)などで時事コラムを連載。本名(岡田仁志)での著書に『闇の中の翼たち ブラインドサッカー日本代表の苦闘』(幻冬舎)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
深川 峻太郎(フカガワ シュンタロウ)
1964年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、90年よりフリーランスの編集・ライター業。2002年に本書でデビューした後、『月刊サッカーズ』(フロムワン)、『わしズム』(幻冬舎・小学館)、『SAPIO』(小学館)などで時事コラムを連載。本名(岡田仁志)での著書に『闇の中の翼たち ブラインドサッカー日本代表の苦闘』(幻冬舎)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)